放射能対策について

放射線測定報告
一覧を見る

求人情報

リンク

会社案内

社長あいさつ

未来への希望・日本の郷里を創造したい

約40年 私たちは木を使い住む人にやさしい住まい作りのお手伝いをしてまいりました。
『持続可能な森林経営』を信念にこれまでも、そしてこれからも未来の郷里の発展、更には東北そして日本の快適な環境作りのお手伝いをしていこうと考えております。
『地球サミットでの森林原則声明』、『京都議定書』をうけ温暖化対策への取組が改めて認識、重要視されております。
2011年東日本大震災をへて、日本はさらに大きなエネルギー問題に直面しました。 私たちは林業に携わる者として、資源が乏しいと言われる日本で森林資源を活用し、省エネルギーの循環型社会の形成に役立つために、一層の努力をして参る所存であります。
協和木材はこれからも、森林の育成・木材の伐採収穫を通じ美しい森林と恵まれた環境を作り、優れた品質の木材製品を提供します。
私たちは、これからの日本の郷里を創造し、未来への希望を築くお手伝いをしたいと考えております。

代表取締役 佐川 廣興
木材関連団体役職
国産材製材協会
福島県ブランド材生産協同組合
福島県木材協同組合連合会
木材表示推進協議会
(社)日本WOOD.ALC協会
会長
理事長
副会長
副会長
理事
会社概要
協和木材株式会社
代表者
創業
資本金
従業員数
佐川 広興
1953年(昭和28年)
1億円
267名
事業内容
会社情報
 
 
山林伐採・植林・丸太販売・製材加工・製品販売
年間原木消費量 300,000㎥(平成27年)
スギ管柱、間柱ライン、集成材工場 24時間操業
国産材最大規模メーカー
会社沿革

昭和28年

昭和38年
 
 

昭和48年

平成元年
 

平成17年
 

平成18年

平成22年

平成24年

平成29年

創業(1953年)

第一工場建設(1963年)
杉、松、桧材等の製材製品製造でスタート、最終的に国産地松専門工場とする
生産形態は注文生産による多種少量生産方式

協和木材株式会社設立(1973年)

第二工場建設(1989年)
杉材製品の量産工場

栃木県那須町で那須工場借用(2005年)
杉材製品量産工場

塙林間工業団地へ工場移転

24時間操業開始

杉集成材工場稼動開始

新庄工場稼働開始

取得資格
JAS規格
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

構造用製材
区分:構造用製材、人工乾燥構造用製材、機械等級区分製材
認定日:平成4年3月
認定No.JLIRA-B-15-01

枠組壁工法構造用製材
区分:人工乾燥枠組壁工法構造用製材
認定日:平成23年12月
認定No.JLIRA-B・15・31

枠組壁工法構造用製材及び枠組壁工法構造用たて継ぎ材
区分:低ホルムアルデビド枠組壁工法たて継ぎ材(甲種たて継ぎ材)
認定日:平成27年10月15日
認定No.JPIC-FJ5

構造用集成材
平成24年7月 JAS認定構造用集成材
認定No.JPIC-LT243

【有資格者 : JAS格付 10名 集成格付 3名】

JAS制度は、「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」に基づいて、農林物資の①品質の改善、②生産の合理化、③取引の単純公正化及び④使用又は消費の合理化を図るため、「JAS規格制度」「品質表示基準制度」これら2つの制度です。
木材は、住宅建築の重要な資材として、寸法、材質、強度性能等の品質が明確で安全性に優れた規格木材の供給が重要な課題であります。建築物に使用される製材について、規格を制定し、施工の合理化、木造住宅及び木造建築物の振興に寄与することを目的として、「製材の日本農林規格」及び「枠組壁工法構造用製材の日本農林規格」が制定されています。

●証明書等随時対応

FIPC
 

合法木材供給事業者認定書
塙工場 No.061001

木材表示推進協議会

木材製品に樹種、原産地などを自主的に表示することによって、木材の利用者、消費者に情報を提供することを通じて木材供給者としての説明責任を果たすとともに、木材利用の拡大に貢献すること。

●証明書等随時対応

木づかいニッポン

木づかい運動

「木づかい」とは、暮らしに国産材の製品をどんどん取り入れて森を育てるエコ活動です。木を使うことから、すべてが始まります。CO2の吸収や国土を災害から守るといった森林の持つ多くの働きを発揮させるためにも、国産材を使って森を育てることは大切なことです。

国産材マーク

国産材マーク

国産材マーク

「国産材」マーク制度は、国産材の製品であることを表示するマークの適切な使用を通じて、国民に広く国産材利用の意義・重要性を普及啓発し、国産材の利用促進と消費者の製品選択を促し我が国の森林再生に資することを目的として創設するものです。

SGEC
認証番号 JIA-W039

「森林認証」とは、森林認証は国際的な基準を用いて独立した第三者の審査機関が適切な森林経営や持続可能な森林経営が行われている森林及び経営組織などを認証するシステムです。当社は、認証を取得した森林から伐採された丸太を「森林認証材」として加工・販売する事ができ、世界最大の森林認証プログラムであるPEFCと相互認証を実現している「SGEC-CoC認証」を取得しております。

事業所概要
本社・東京営業所
所在地

〒135-0016 東京都江東区東陽5丁目30番13号 東京原木会館

TEL 03-5857-5225 FAX 03-5857-5224

MAP ▶Yahoo map

本社・東京営業所

塙工場
工場敷地面積
147,990㎡
工場面積
10,890㎡
主要製品

スギ    構造材:柱、桁・梁、間柱、母屋 羽柄材:間柱、垂木、根太、貫胴縁、他板類

ヒノキ   構造材:土台、柱、大引 羽柄材:間柱、筋違、根太、貫など

所在地

〒963-5407 福島県東白川郡塙町大字西河内字鶴巻田10

TEL 0247-43-0272 FAX 0247-43-0080(代表)

MAP ▶Yahoo map

塙工場

集成材工場
工場敷地面積
85,300㎡
工場面積
13,300㎡
主要製品

スギ    構造材:杉集成管柱、杉集成長尺柱、杉集成中断面梁 羽柄材:積層間柱

所在地

〒963-5407 福島県東白川郡塙町大字西河内字立石62-2

TEL 0247-43-4350 FAX 0247-57-5509

MAP ▶Yahoo map

集成材工場

集成材工場
工場敷地面積
116,610㎡
工場面積
12,900㎡
主要製品

スギ    構造材:杉集成管柱 羽柄材:積層間柱

所在地

〒996-0053 山形県新庄市大字福田字福田山711番145

TEL 0233-32-0700 FAX 0233-32-0702

MAP ▶Yahoo map

集成材工場

▲ページのトップへ